得意な英語を生かせる看護師求人はココで探す

外資系企業の進出や外国人の増加などからコミュニケーションの手段として得意な英語を生かしたいと考えている看護師さんはかなりいらっしゃいますね。それでもどういう職場に「英語を生かした看護師求人」があるのかは意外と知られていません。実は英語を生かせる看護師の職場はこんなところにあるんですよ。

 

英語が得意な看護師さんが活躍できる職場

 @ 外国人患者が多く来院する病院やクリニック
 A 製薬関連企業(治験コーディネーターや臨床開発モニター)
 B 医療機器メーカー(フィールドナース)
 C 外資系企業の健康管理室(産業看護師)
 D インターナショナルスクールなどの保健室
 E 空港の医務室 など・・・

 

そもそも「看護師資格+英語力」というものは世間一般で当り前に認められている資格ではないのです。そのうえ、「英語を生かせる看護師求人」はハローワークで探しても全く出てはいないし、見つけ方にもコツがいるのです。

 

「英語を生かせる看護師求人」は希少求人で、表にはほとんど出てきません。それは多くの「英語を生かせる看護師求人」は実績のある転職サイトの非公開求人で募集されるのが一般的だからです。

 

なので、こうした看護師求人を探すのには「英語を生かせる看護師求人」に実績のある転職サイトに登録する必要があります。
「英語が活かせる看護師求人」に強い転職サイトは次の4つです。求人数はたいへん少ないので複数の転職サイトに登録し希望の職場を早く見つけてください。

英語が生かせる看護師求人に強い転職サイト

ナース人材バンク

ナース人材バンク
紹介実績No1の看護師専門の転職支援サービス。対象エリアは全国。
履歴書の書き方から面接のアドバイスまで細かなサービスが受けられ、条件別の求人情報満載で非公開求人も多く取り扱っているため自分で探すよりも効率的に希望条件に合った求人情報を得ることができる。地域専任コンサルタントが対応するため地域ならではの特徴を把握している。
公式サイトはこちら

 

看護のお仕事

看護のお仕事
対象エリアは全国で業界トップクラスの求人数で都道府県別に好条件の非公開案件を多数取り扱っておりサポートの手厚さに定評があります。今なら転職支援金最大12万円もらえます。
希望条件に合ったお仕事をスピーディーに紹介してくれ、コンサルタントは、転職に関するノウハウだけではなく医療機関に関する情報も豊富に持っているので仕事を探すことから就業に関するあらゆる交渉を受け持ってくれます。⇒公式サイトはこちら

 

ナースではたらこ

ナースではたらこ
楽天リサーチの顧客満足度No.1で、対象エリアは全国で、豊富な求人数で全国の医療機関90%の中から求人を保有しています。
非公開求人が豊富にあり好条件、高待遇、高い給料の求人があり、コンサルタントは優秀で採用されやすい履歴書の書き方指導から面接方法や模擬面接まで行ってくれます。
希望する医療施設が求人募集していない場合には担当コンサルタントがその施設に対して求人の意思確認や条件面での交渉を代わりに行ってくれる逆指名制度もあります。⇒公式サイトはこちら

 

ナースフル




対象エリアは首都圏、東海、関西、九州で、転職のプロであるリクルートが運営している転職サイトですので知名度があり安心できることから多くの方が利用しています。医療機関とのパイプがあり好条件、高待遇、優良求人の情報が豊富です。待遇や条件面だけでなく、キャリアアップしたい人にも科目別の求人情報があります。面談の日程調整、合否連絡、退職手続きの豊富など煩わしい連絡業務、事務手続きなどを強力にサポートしてくれます。⇒公式サイトはこちら

 

英語が話せる事は看護師求人で有利?

英語を話せる事を条件としている看護師求人は現在ではかなり数も少なく限りがあります。

 

条件がある場合もTOEICで700点以上とレベルも高く、簡単な日常会話が出来るレベルやはり話せるに越したことはありません。

 

私が以前勤務していた病院はリハビリ専門の病院だったのですが、海外からよくドクターが研修できていました。

 

ですが、私は英会話が不得意であった為、ドクターとのコミュニケーションも取れず、指示を出されても解らなかったため、英語が得意な看護師が対応していました。

 

その他にも患者さんで外国人の方が入院された時も、簡単な日常会話はジェスチャーを交えてコミュニケーションを取る事ができましたが、自覚症状となると難しくなります。

 

例えば、腹痛です。腹痛だけなら解りますが、どれくらいの痛みでどの場所でどのような痛みなのか。他にも症状があるのか?となると、ただの日常会話のレベルを超え専門的な英語能力が必要となります。

 

自分の苦痛が相手に伝わらないと患者自身も不安で仕方ないと思います。

 

看護師の役割として、患者に不安を与えるなんて問題外です。相手が誰であってもきちんとした看護が必要です。また、これから先、日本に居住する外国人も増え医療現場で英語が必要になってくる可能性は高いです。そのためにも、英会話能力がない看護師は勉強してみるのはいい機会ではないでしょうか?

 

そして、現在英語を得意としている看護師の方はその知識を生かして仕事に励んでください。