看護師語学留学

一般的に看護師は給料もよく休暇も取りやすい職業です。

 

長期休暇で海外旅行に行く看護師も多いのではないでしょうか?

 

海外旅行に行くために英語を勉強している方も多いはずです。

 

普通に旅行に行くのではなく、看護師の留学があるのはご存知でしょうか?

 

短期間と長期間があり、短期間では15日程度で、日本での仕事を辞めなくても行く事が可能です。15日間の間に英会話の授業があったり、実際に病院等への見学をしたりします。

 

長期間ですと、6週〜36週で英語の授業だけでなく、現地で看護教育も学ぶ事もできます。長期間となると、普通の休暇では行けないので休業届をだすか退職するかしなければいけません。

 

また、日本の看護師免許を生かし、海外での病院や介護施設でアシスタントナースとして有給で働くプログラムもあります。

 

留学先は、アメリカだけでなく、カナダやニュージーランドやオーストラリアなど色々な国で行っていて、英会話だけでなく、日本では学べない最先端医療や技術の習得も行えます。

 

日本で学べない事を習得し、日本に帰国後自分の働く病院でその経験を生かし、みんなに伝達しいくのも良いのではないでしょうか。

 

日本で正看護師免許を取得していれば、大学への編入試験を受けなくても、各国で行われている、その国や州の試験を受験すれば、国際免許を取得する事が出来ます。

 

国際免許といっても、看護師免許は全世界共通の試験はありませんので注意してください。

 

英語をこれから勉強し看護師として両方を生かしたいと思っている人にとっては、いい機会ではないでしょうか?色々な事にチャレンジし看護師としての質を高めていってください。

 

英語を生かせる看護師求人に強い転職サイトならこちら