英語を生かしつつ看護師のキャリアアップをめざしましょう

英語と看護師の両方でのキャリアアップは現在では少し難しいです。

 

英語か看護師ですと、やはり看護業務の能力を重要視している病院が大半ですし、病院によっては、翻訳家を雇用している所もあります。

 

普通に自分で病院検索して職場を探すことはとても困難な事なので転職サイトへ登録しての職場探しをお勧めします。

 

日本では、外国人の方が多く居住されるようになってきました。

 

外国人の居住の多い県として
 1位 東京都
 2位 大阪府
 3位 愛知県  
なっています。ですので、まず上記の都道府県に絞り職場探しをしてみてはどうですか?

 

また、英語を生かした看護師雇用が全くないわけではありません。

 

災害派遣チームへの所属や、空港クリニックや外資系会社の健診業務です。その他にも大学病院では国際内科などもある病院もありますし、論文は英語が必要となってきます。

 

最先端医療に関わりたいのであれば、大学病院等になってきますが、その他の病院でも違った技術や知識を習得することはできます。

 

自分自身が看護師としてどのようなキャリアをアップしたいのか考慮し職場を探すと、スムーズに働きたい場所を選択する事ができるのではないでしょうか?

英語を生かす求人はお給料があがる?

英語を生かす求人でも、必須条件かそうでないかでお給料のアップの可否があります。

 

現在、英語を生かす求人で必須条件にしている病院は少なく、必須条件にしている求人はCRA(臨床開発モニター)が多いです。

 

英語を必須条件としてしまうと求人が集まらないうえ、やはり英語のスキルより看護師のスキルを重要視しているからです。

 

CRA年収は400〜500万なので病院勤務とほとんど変わりません。

 

また、英語を必須条件としている病院は、TOEIC手当などがあり、TOEIC700点以上で15000円、TOEIC900点以上で30000円など手当がつく所もあります。

 

英語を生かせる看護師求人に強い転職サイトならこちら